報告(関東支部):ハイカイ倶楽部「新橋界隈ぶらり」2019/6/27

出版ネッツは年間を通じ、各種イベントを開催しており、中には組合員限定のイベントもあります。
以下にご紹介するのは自主活動「ハイカイ倶楽部」が企画した「新橋界隈ぶらり」の参加レポート。
さて、当日の参加者たちが見たもの、味わったものは?



旧新橋停車場は休館中につき、浜離宮恩賜庭園へ直行。用意してもらった古地図や濱御殿の資料を手に、庭園内を散策しました。抹茶休憩をはさんで、お伝い橋、鴨場、そして東京湾沿いを歩きながら、「学校遠足のときは貨物車があの辺りを走っていた」など往時の話も。曇り空のもと紫陽花があちらこちらに咲いていて、また、「三百年の松」は都内で最大級の黒松だそうで、その枝ぶりに圧倒されました。

つづいてアンテナショップ巡り。久留米館は、今年7月末日で閉館とのこと、オープン後2年余で寂しい限りです。ここでは地酒の飲み比べができ、ほんの一口かと思ったら期待以上にたっぷりで、とても美味しかったです。予定ではせとうち旬彩館で食事のはずでしたが、予約客で満席! 残念(ショップで「うどん風味キャラメル」を買ってしまった)。

根室の看板のあるお店で焼ホッケや刺身をいただき(参加者によるもろもろレクチャー付き)、デザートには、とっとり・岡山新橋館のソフトクリームを。次回の活動案を検討し、北は北海道から南は九州までのハイカイ&お買い物ツアーは、楽しく美味しく滞りなく終了しました。さて、うどんダシ入りキャラメルのお味は……ぜひお試しあれ。

(フリー校正者)

ハイカイ倶楽部とは?
フリーランスが今後・あるいは今直面するリスクにどう対処するか、明るい老後を考え・交流する自主活動。
「ハイカイ」はハイキングと徘徊をかけたもの。

 
都内で最大級の黒松「三百年の松」

8月 22, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

報告(関東支部):多くの仕事がネットにはある

プレゼン寄り合い内容紹介

3回目のプレゼン寄り合いが、6月27日に行われた。ここでは私(小林拓矢)が報告した内容を紹介したい。

最近、私はネットで鉄道のことを多く書いている。以前はニュース解説や深掘り独自記事を書いていたものの、『東洋経済オンライン』で鉄道のことを書くようになってから、鉄道関連の記事をさまざまな媒体で執筆している。

ネットメディアでは記事を書いたら反響が大きく、また多くの記事を求められるのでたくさんの記事を書くことができる(=仕事の機会がある)。ほとんどの場合は編集者とのやりとりもメールで行われるので、面倒がない。

雑誌は部数減や休刊が相次ぐ中、ネットメディアはページビュー競争が熾烈になっている。その中でネットメディアは読まれるようになっており、多くの書き手を必要としている。この状況では、ネットメディアに行ったほうがいい。ライターの皆さん、新しい発想や書き手を求めているネットメディアに仕事の場を広げてみませんか?

(小林拓矢/執筆)

■関連記事
お誘い:“人の仕事を知り、学ぼう” 第3弾
※クリックすると別ウィンドウが開きます。

8月 22, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

出版労連が「表現の不自由展・その後」展示中止に対する声明を発表

「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」展示中止に対し、出版労連が次のような声明を発表しました。
私たち出版ネッツは、この声明に心から賛同します。

声明
「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれたことに抗議する

 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が、8月3日をもって中止に追い込まれたことに抗議します。
 表現の自由が侵害されていることを表現しようとした芸術活動自体を、暴力と脅迫で奪う理不尽に、憤りを禁じえません。
 自由で多様な表現活動は、必ずしもすべての人に心地よく、感動をもたらすものではありません。心地よさと感動をもたらすことだけが表現活動の意義・目的とは限りません。ときに不快に感じ、目を覆いたくなる、耳を塞ぎたくなる、指摘をされたくないような表現も含めて、多様な表現が共存していられることが重要です。
 「表現の不自由展・その後」は、公立美術館などで展示不許可の対象になった作品を集め、その理由とともに展示したものです。なぜ展示されなかったのかを、来場者一人ひとりが、自分の目で観て、感じ、考える貴重な機会です。その機会を、為政者の側が奪ってはなりません。本来、表現の自由を担保しなければならない立場にあるにもかかわらず、 「少女像」の撤去を要請した河村たかし名古屋市長、補助金凍結を示唆した菅義偉官房長官らの言動は、きわめて問題があります。為政者が、表現活動を区別したり、差別したり、敵視したりすることなど、決してあってはなりません。
 また、私たち市民がそれを看過し、許すことは、自ら表現の自由を手放すことに繋がります。これらは、多様な言論・表現・芸術活動を意に沿わないからと封じ込めしてしまう、今の日本をはじめ世界の各地で広がりつつある不寛容さを、助長し容認する行為です。
 現在の日本では、かつては言えたことが言いづらい、かつては表現できたことが表現しづらい、そんな状況になりつつあります。表現者、言論人、芸術家、市民の手から言論・表現の自由が急速に奪われつつあります。
 一握りの人々が脅迫と暴力を用いて芸術の祭典を中止に追い込み破壊したことを、出版に働く私たちは絶対に許せません。
 芸術・表現・言論の自由を求めるすべての人にとって、多様性はかけがえのない源泉です。脅迫や暴力、同調圧力により、この多様性とともに私たち自身の尊厳・人間性が奪われることが二度とあってはなりません。
 私たちは、多様性を侵し、個人の尊厳と人間性を踏みにじる脅迫も暴力も絶対に許しません。「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれたことに抗議するとともに、表現の場を奪われた芸術家たちに連帯を表明するものです。
 これからも私たちは、黙りもおもねりもせず、自らの良心と職能に従って言論・表現の活動に携わっていきます。

2019年8月6日
日本出版労働組合連合会・中央執行委員会

※私たち出版ネッツ出版労連(日本出版労働組合連合会)に加盟しています。

8月 8, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

MICが「表現の不自由展・その後」展示中止に対する声明を発表

「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」展示中止に対し、日本マスコミ文化情報労組会議(通称MIC)が次のような声明を発表しました。
私たち出版ネッツは、この声明に心から賛同します。

「表現の不自由展」が続けられる社会を取り戻そう

2019年8月4日
日本マスコミ文化情報労組会議

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」がわずか3日間で展示中止に追い込まれました。展示中の慰安婦を表現した少女像などをめぐり、河村たかし・名古屋市長が展示中止を求める抗議文を大村秀章・愛知県知事(芸術祭実行委員会会長)に提出。日本政府も補助金交付決定にあたり内容を精査する考えを示すなか、主催者の事務局にテロ予告や脅迫・抗議の電話・メールなどが殺到した末の判断でした。

行政が展覧会の内容に口を出し、意に沿わない表現を排除することになれば、事実上の「検閲」にあたります。メディア・文化・情報関連の労働組合で組織する私たちは、民主主義社会を支える「表現の自由」や「知る権利」を脅かす名古屋市長らの言動に抗議し、撤回を求めます。

中止に追い込まれた企画展は、日本社会で近年、各地で表現の場を奪われた作品を集め、なぜそのようなことが起きたのかを一緒に考える展示でした。河村市長は、国際芸術祭の開催に税金が使われていることを理由に、「あたかも日本国全体がこれ(少女像)を認めたように見える」と述べていますが、行政は本来、「表現の自由」の多様性を担保する立場です。公権力が個々の表現内容の評価に踏み込んでいけば、社会から「表現の自由」や「言論の自由」は失われてしまいます。

国際芸術祭の津田大介監督は開会前、「感情を揺さぶるのが芸術なのに、『誰かの感情を害する』という理由で、自由な表現が制限されるケースが増えている。政治的な主張をする企画展ではない。実物を見て、それぞれが判断する場を提供したい」と狙いを語っていました。日本社会の「表現の自由」の指標となる企画展が潰された事態を、私たちは非常に憂慮しています。また、民主主義社会をむしばむ卑劣なテロ予告や脅迫を非難しない政治家たちの姿勢も問題です。

実物を見て、一人一人が主体的に判断できる環境をつくるのが筋だと考えます。私たちは企画展のメンバーや将来を担う表現者たちと連帯し、多様な表現・意見に寛容で、「表現の不自由展」を続けられる社会を取り戻すことを目指します。

日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)
(新聞労連、民放労連、出版労連、全印総連、映演労連、映演共闘、広告労協、音楽ユニオン、電算労)

■関連記事
MIC声明:「表現の不自由展」が続けられる社会を取り戻そう(PDF版)
※クリックすると、PDFファイルが開きます。

■私たち出版ネッツ出版労連(日本出版労働組合連合会)に加盟しており、さらに、出版労連はMICに加盟しています。

8月 5, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

お願い:「フリーランス・芸能関係者へのハラスメント実態アンケート」にご協力を!

私たち出版ネッツも加盟している日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)の内部組織・MICフリーランス連絡会が、
日本俳優連合フリーランス協会と共同で、ハラスメントに関するアンケートを行っています。
集計結果は厚生労働省に届け、厚生労働大臣の指針に適切なハラスメント防止・対策が定められるよう求めていきます。
つきましては、ココをクリックし、アンケートへの回答をお願いします。
(自由回答欄を除けば、5~10分ほどで回答できます)

■調査対象:日本国内で働いた経験のあるフリーランス
(個人事業主、法人経営者、委託就労者、すきまワーカー、副業従事者を含む)
 ※業種・性別は問いません
■アンケート回答期間:2019年7月16日~8月26日 ※延長しました。
■集計結果公表:8月末~9月初旬(予定)
■問い合わせ先:no-hara@freelance-jp.org
■調査主体:
 MICフリーランス連絡会

 協同組合日本俳優連合(日俳連)
 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(フリーランス協会)

アンケートフォーム→ 「フリーランス・芸能関係者へのハラスメント実態アンケート」

7月 18, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

報告:第36回定期大会・「特別決議」

私たち出版ネッツは、2019年7月6日に開催した第36回定期大会にて
「特別決議 あらゆるハラスメントを許さず、出版フリーランスの現場におけるハラスメントの撲滅と防止に取り組もう」
を採択しました。

第36回定期大会・「特別決議」 採択日:2019年7月6日
※クリックすると別ウィンドウが開きます。

7月 6, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

お誘い:校正ミスラン

アラ探し?いいえ、仕事に活かせる学びの会です!

校正ミスランは、見つけた誤植を持ち寄り、
なぜ見逃されたのか、誤植を防ぐにはどのようなことに注意したらよいかなどを学ぶ、
ワークショップ形式の勉強会です。
校正に関心のある出版労連組合員なら、どなたでも参加できます。
共に学びましょう。

日 付: 2019.7.26(金)
開 始: 19:00
終 了: 20:30
場 所: 出版労連B会議室(地図
参加費: 無料
持ち物: 赤ペン、鉛筆
参加資格: 出版労連組合員であること(出版ネッツ組合員含む)

※予約は不要、会場まで直接お越しください。

※誤植、ミスを見つけた書籍、雑誌、パンフレット、チラシなどの該当箇所を15部程コピーして、
 あらかじめご用意ください。(領収書をお持ちください。コピー代をお支払いします)

※部外秘にされたい資料は、後ほどコピーを回収して返却します。

6月 30, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

お誘い:“人の仕事を知り、学ぼう” 第3弾

メンバーの仕事を知ったり、未来の仕事に活かしたり

私たち出版ネッツには、さまざまなクリエーターから出版社の代表までの職能を持つメンバーが所属しています。
その人たちの職能を知り、教えてもらい、場合によっては仕事で繋がりたい、という寄り合い第3弾

プレゼンターは、寄稿する鉄道関連の記事がPVでランク入りするなど好調なライターの小林拓矢さん、
版元編集長を経て独立し翻訳出版プロダクションを立ち上げた牧原勝志さん、
『柔のミケランジェロ』(ヤングアニマルコミックス)ほかの著作がある漫画家のカクイシシュンスケさんです。

日 程:2019.6.27(木)18時30分~20時30分
場 所:出版労連会議室(地下鉄丸ノ内線、大江戸線 本郷三丁目より徒歩3分)
主 催:出版ネッツ関東支部
参加費:無料
登壇者:小林拓矢さん(執筆)、牧原勝志さん(翻訳)、カクイシシュンスケさん(漫画・イラスト)

facebookイベントページ 「人の仕事を知り、学ぼう 第3弾」

6月 21, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

「フリーランサーズガイド2019」完成!

クリエイターのイエローページとして業界内外で好評をいただいてきた「フリーランサーズガイド」
1997年以来、ほぼ毎年印刷版を発行し、版元や編集プロダクション、フリーランスなど、
出版業界内外に向けて普及してきました。

仕事場に常備、サッと取り出せて一目瞭然のイエローページは重宝ですが、ネット経由の仕事の発生が増加しているのも事実です。
そこでこのたび、Web版を制作しました。
下記をクリックすると表示されます。

フリーランサーズガイド2019

※2019年5月現在、「フリーランサーズガイド」印刷版の発行は予定しておりません。

5月 12, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

お誘い:校正部会例会

『てにをは辞典』ができるまで

2010年の発行以来、多くの「書く人」を助けてきた、三省堂『てにをは辞典』
今回は、この『てにをは辞典』の編者で、出版ネッツ組合員の小内一さん(校正者)に、
『てにをは辞典』編集のきっかけ、校正に生かす方法などを話していただきます。
「こんな表現どうすればいい?」という悩みにもお答えします。
事前に本書を購入されることをお薦めします(コピーも用意します)。

【日 時】2019.5.20(月)19:00~21:00
【場 所】出版労連B会議室
【講 師】小内 一(校正者/出版ネッツ関東支部)
【予 約】不要(会場まで直接お越しください)
【参加費】無料(出版労連組合員以外の方は500円)
【主 催】出版ネッツ校正部会

5月 7, 2019 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ