報告:校正部会お散歩企画「和紙と酒造の小川町を訪れる」

伝統ある小川和紙の紙漉き体験と酒蔵見学

11月18日(土)校正部会お散歩企画

和紙に使う楮(こうぞ)

和紙に使う楮(こうぞ)

池袋から電車で1時間。
埼玉県の小川町は、外秩父の山々に囲まれ町なかに川が流れる、1300年の伝統ある和紙のふるさとです。
小川和紙の中でも楮(こうぞ) を使って製作したものを細川紙といい、「日本の手漉和紙技術」として、平成26年ユネスコ無形文化遺産 に登録されました。

埼玉伝統工芸会館の和紙工房で紙漉き体験。
まだ濡れている紙に、柄として葉っぱや花などを置き、最後の仕上げはお任せし、後日紙を郵送してもらいます。
昼食に、地元の小麦を自家製粉して作った手打ちうどんをいただきました。

また小川町は、山の伏流水を使い美味しいお酒がつくられてきた所です。
武蔵鶴酒造 では、明治時代建てられた古い酒造所でお話をうかがいました。今は醸造・貯蔵にホーロー製のタンクを使っていますが、昔は木製の桶を使っていたので、敷地内に桶屋さん一家が住んでいたそうです。
井戸は5つあり、たとえ1つの井戸水が濁っても、水脈がそれぞれ違うので大丈夫ということです。
試飲をさせていただき、気に入ったお酒を購入しました。
晴雲酒造 では、仕込みの井戸水を飲み、蔵の資料館を見学しました。

お土産で一杯になったリュックとともに、大満足で帰途に着きました。参加者は5名。

12月 5, 2017 · KANTOU
Posted in: 最新のお知らせ

役に立つ! 読んで楽しい! ―― 月刊「forum」特集記事

月刊「forum」は出版ネッツの機関誌です。

組合員同士の交流や情報交換を目的に発行しているため、組合員のみに配布していますが、
特集記事のうち、掲載者の許可を得ているものを公開します。

ちなみに、2017年11月号の特集記事は「相続 ~私の体験~」
相続を体験した組合員たちが、貴重な体験を寄せてくれました。
ぜひお読みください!

●月刊「forum」特集記事のページはコチラ
(別ウインドウが開きます)

201711月号

11月 20, 2017 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

お誘い:校正部会「“言葉のゆれ”について考えよう」

本来とは反対の意味が堂々と使われている! ?

「ヤバイ」 は悪い意味で使われることが多かったのですが、昨今は「美味しい」 「かっこいい」 も表現します。
「流れにさおさす」 は順調に進行させるという意味ですが、「流れに逆らって勢いを失わせる」 という逆の意味で
使われることもあるそう。
元々の意味とは違う使い方をしている言葉は、校正する時に戸惑うことも少なくありません。

参加者同志、このような例を持ち寄って、言葉のゆれ について考えてみたいと思います。
どなたでも参加大歓迎です。堅苦しい会ではないので、気軽に覗いてみてください!!

日 付:2017.10.26(木)
開 始: 19:00
終 了: 21:00
場 所: 出版労連A会議室(地図
参加費: 500円(出版労連組合員は無料)

※予約は不要、会場まで直接お越しください。

※本会は出版ネッツ活動の一環として開催しています。
 外部から参加の皆さまは、出版ネッツ加入の参考にしていただければ幸いです。

10月 19, 2017 · KANTOU
Posted in: 最新のお知らせ

お誘い:寄り合い「フリーランスと編集長のハザマで」

西崎 憲さんトークショー

フリガイ2016
小説家にして翻訳家、音楽レーベルdog and me rocordsをひきいる作曲家、インディーポップ/ロック
バンド、スイスカメラのメンバー、そして文学ムック『たべるのがおそい』(書肆侃侃房発行)の編集長、
さらに歌誌「かばん」においてはフラワーしげる名義で短歌も詠む西崎憲さん。

彼の活動の中心はどこなのか、その働き方はどうなっているのだろうか。
文芸誌、翻訳文学、地方版元、短歌結社…。それは誰がどのように運営し、誰が参加して
成り立っているのか。

一見、マージナルな位置どりに見えながらも、大向こうからの評価が高い活動にスポットを当て、
かつフリーランスとしての働き方の妙味を探る寄り合いです。

【トーク】西崎 憲さん(文学ムック「たべるのがおそい」編集長)
【聴き手】牧原勝志さん(編集者、翻訳者)
日 付:2017.9.20(水)
開 始: 18:30
終 了: 20:30
場 所: 出版労連B会議室(地図
会 費: 500円(出版労連組合員は無料)

詳しくはこちらをクリック 「寄り合いのご案内」(チラシが表示されます)

主 催: 出版ネッツ関東支部・出版情報関連ユニオン

9月 3, 2017 · KANTOU
Posted in: 最新のお知らせ

お誘い:校正ミスラン

アラ探し?いいえ、仕事に活かせる学びの会です!

関東支部の校正部会が長年続けている企画、誤植を持ち寄って学びあう「校正ミスラン」 のお知らせです。
校正のスキルアップには、小さな誤植も知り、自分の引き出しの中に蓄えておくことが大切。
ヒヤリ、ドキリ、笑っちゃう、おもしろい誤植の持ち寄り、大歓迎です。もちろん、手ぶらでも結構です。
校正者以外の方(ライター・編集者・デザイナーなど)のご参加もお待ちしています!

日 付:2017.9.13(水)
開 始: 19:00
終 了: 20:30ごろ
場 所: 出版労連B会議室(地図
参加費: 500円(出版労連組合員は無料)
持ち物: 赤ペン、鉛筆

※予約は不要、会場まで直接お越しください。
 誤植例の資料がなくてもかまいません。手ぶら参加も大歓迎です。

※誤植、ミスを見つけた書籍、雑誌、パンフレット、チラシなどの該当箇所を20部程コピーして、
 あらかじめご用意ください。(領収書をお持ちください。コピー代をお支払いします)

※部外秘にされたい資料は、後ほどコピーを回収して返却します。

※本会は出版ネッツ活動の一環として開催しています。
 外部から参加の皆さまは、出版ネッツ加入の参考にしていただければ幸いです。

8月 24, 2017 · KANTOU
Posted in: 最新のお知らせ

「フリーランサーズガイド2017」完成!

フリガイ2016「フリーランサーズガイド」(略称フリガイ)は、出版関連の仕事をしているフリーランサーの
職能ユニオン「出版ネッツ」の組合員を紹介するプロフィールブックです。

「フリガイ」は、ほぼ毎年発行しており、このたび、2017年度版が完成しました。
実力派出版フリーランサー50名のプロフィールが掲載されています。

人材をお探しのとき、ぜひ「フリガイ」をお役立てください。
ただいま無償配布しております。
ご希望の方は、メールまたはファクス(03-6369-4182)にて、下記項目をお知らせください。

●必要部数
●お名前(団体名・ご担当者名)
●郵便番号
●ご住所
●連絡先(電話番号またはファクス番号)

8月 1, 2017 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

お誘い:出版ネッツ結成30周年記念祝賀会

出版フリーランスの労働組合「出版ネッツ」は、1987年に結成されました。
それからちょうど30年ということで、ささやかな記念祝賀会を催します。
組合としてのネッツ、あるいはネッツ組合員との関わりのある方は、
その深浅にかかわらず、ぜひ会場まで足をお運びください。
出版ネッツ組合員一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

日 時:2017.7.29(土)16:30~19:00
場 所:出版労連会議室
 東京都文京区本郷4-37 いろは本郷ビル(右図)
参加費:1,000
詳 細:「出版ネッツ結成30周年記念祝賀会」特設サイト(Facebook)
※Facebookのアカウントをお持ちの方は、こちらから参加申込をすることができます。

7月 3, 2017 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

月刊フォーラム 2017年5月号(1/3)

最近、出かけていますか? フリーランスと旅

フリーランスは時間に縛られない自由な旅ができる反面、仕事を休むリスクも考えてしまうもの。
他の人はどうしているのでしょう?
旅を仕事につなげたり、次の仕事への原動力にするメンバーの体験を紹介します!

※写真は執筆者撮影(一部を除く)

要は、根回しとイメージ戦略

井本旬子(取材・執筆)

神楽に魅せられて

原 章(編集・執筆)

旅も仕事もバックパッカー魂で乗り切れ!?

西村仁美(執筆)

私をつくる旅、旅から生まれる仕事

葛西奈津子(編集・執筆)

関西本線・キハ120形

林耕一(撮影)

※月刊フォーラム(forum)は、出版ネッツの機関誌です。

5月 17, 2017 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

出版ネッツフェスタ2017 in 京都

出版クリエイターが一堂に!

出版ネッツフェスタ出版ネッツに所属するフリーランスが、作品展示会を開催します。
ライター・編集者・校正者・装丁家・DTPオペレーター・デザイナー・
イラストレーター・マンガ家・カメラマンetc.
多士済々がこの日、京都に集結します。

その場でお仕事の打ち合わせも可。ぜひご来場ください!

場所: ウィングス京都(京都市男女共同参画センター)
1日目: 2017.5.26(金)13:00~20:00(名刺交換パーティ 18:00~20:00)
2日目: 2017.5.27(土)9:30~16:00
詳細:
「出版ネッツフェスタ2017 in 京都」特設サイト
「出版ネッツフェスタ2017 in 京都」Facebook ←最新情報はコチラ!

4月 27, 2017 · URITANI
Posted in: 最新のお知らせ

報告:円満字二郎さんの「漢和辞典編集者の気になる漢字の話」

漢字の深い話を面白く 寄り合い「漢和辞典編集者の気になる漢字の話」

講師の円満字二郎氏

講師の円満字二郎氏

3月14日(火)、元大修館漢和辞典編集者・円満字二郎さんをお招きして講演会を開催しました。

その中で印象に残ったテーマは、「給料」と言うな、「賃金」と呼べと、新入社員時代、先輩組合員から言われた経験。
そのときに感じた釈然としない思いを振り返って、給の本来の意味として「家給人足」という皇帝が庶民に向けた満ち足りた状態を表すことばを紹介。ここに含まれている持たざる者の嫉妬と羨望の気持ちが、「給」の中に込められていると。

もうひとつが漢和辞典の訓の話で「社」くみあいと読ませている辞典があること。
会社の社と組合が同じとはどうなんでしょう、と会場を笑わせました。

また、辞書編集者の最大の悩みは、どの部首にいれればいいかわからない漢字があること。
校了間際に重複掲載に気が付くという事態は、どうしても避けられないそうで、そのような時は削除した跡に別の漢字を入れて対応した経験を語ってくれました。

出版ネッツの組合員のほか、日本語検定関係者、漢字能力検定関係者、漢和辞典編集者など48人が参加しました。

4月 18, 2017 · KANTOU
Posted in: 最新のお知らせ